黒豚文庫

散弾流星脚返し!

好きな拳法家は流星拳砲岩。菅沼です。

説明しよう。

流星拳とは散弾流星脚である。

他に技がないんだからそうとしか言いようがない。

おうし座のアルデバランが「タウラス最大の拳!」とか言いつつ、
グレートホーン以外の技を一切出さないのと理屈は同じ。
一個なら消去法で最大。ジャロですが嘘はありません。

そして散弾流星脚とは、背中に背負ったカメ(水などを溜める陶器の大きな壷のこと)を、
高らかに空へ投げ上げ、ジャンプしてそれを蹴り割る。

すると砕けた破片は正しく流星の如く敵へと降り注ぎ、敵を狙うのである。
その破壊力は何と超人拳法をもしのぎ、美来斗利偉・拉麺男すら一度は敗北させるのである。

まあでもド素人の子供が一週間修行しただけで、
あっさり破片を跳ね返して破れちゃったりするんですがそれはそれとして。


原稿が一段落したので次の原稿にかかっています。
別に発注があったわけでもないんですが、最近泳いでないと苦しいサメのごとく、
原稿書いてないとなんか気持ち悪いという奇妙な状態に。

ジャンキーですかわたくし。

とか思いながらも取り掛かるのは微妙に遅く、
チキンカレーなど三時間かけて煮込みつつようやくPCの前に座るわたくし。

さ、がんばろう。
[PR]



by suganumas | 2007-05-12 18:23 | 日々の雑記

菅沼謹製総合小説ブログ
by suganumas
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

ブログパーツ