黒豚文庫

カテゴリ:日々の雑記( 12 )




再起動につきまして

ツイッター、およびWEB小説投稿サイト
『カクヨム』『小説家になろう』に活動の重点を移すに伴い、
こちらの個人ブログの方は当分手が回らず、放置する形になってしまっておりますので、
投稿中の作品など引き揚げさせて頂くことにいたしました。

それでは、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]



by suganumas | 2016-04-04 14:51 | 日々の雑記

新刊が出ますー。

まる一年くらい放置しておりました菅沼です。色々ダメだ人として。
とはいえ来月あたりからバイトが一度切れるのでヒマができるから、
こっちでも何か書きたいものですな。

長らくご無沙汰しておりましたが、昨年よりの企画が形となりまして、

三月十九日・一迅社文庫より新刊が出ます。

『タイム・スコップ!』 

詳しくは版元Webで。

イラストは玉岡かがりさん。実はまりかちゃんのイラストをお願いした、
夜野さんと同じ雑誌で書いておられたこともあり、何度か作品を拝見してたり。
毎度美麗なイラストを頂くたんびに燃料投下、うんうん頷きながら気合を入れてました。

ありがたいありがたい。

原稿書いてる間、わたくしの生きる糧は玉岡さんのイラストと、
あと若干の米とバレンタインにひとりで買ったヒキガエルおよびゴリラゴリラおよびゾウガメの、
超リアルタイプ立体造形チョコレートでした。

美味かったけど……ゴリラさんの首をゴリッともぎとって口に運んだとき、
甘さと同時に何なのか奇妙なほろ苦さを感じた俺はどうなんでしょうか。
やっぱりアレか。チンパンジーも買っておくべきでしたかね?

というわけでさらに新たな原稿を……やや、その前に確定申告せねば。
去年からの領収書が軽く十うん万くらい溜まってます。主に書籍代で。

ぎゃー。(人生どんぶり勘定の嘆き)

追記
 『SFが読みたい! 2009年版』にて、
 サブジャンル別ライトノベルSF枠にストップまりかちゃんをご紹介頂きました。
 ありがたい事でございます。
 
 誰かに見てもらってると思うと、それだけで頑張れる気になる不思議。
 では、まるほやんしたー。
[PR]



by suganumas | 2009-02-22 18:56 | 日々の雑記

明けましておめでとうございます

というわけで簡単ながら、新年明けましておめでとうございます。

旧年中は何とも色々と立場やら生活やらが一変した、
まさに激動の一年だったような気がしないでもない今日この頃。
元旦早々年賀状と共に企画書の手直しを送りつけてひとやすみひとやすみ。
考えてみるとすげェ迷惑な気がしてきました。

まあ会社のメールは出社するまで見ないはずだし、
大丈夫だろう。たぶん。もし迷惑だったら土下座して謝る準備当方にあり。

電撃文庫より一月十日発売
 
『ストップ☆まりかちゃん!』

どうぞ宜しくお願い致します。
[PR]



by suganumas | 2008-01-01 21:17 | 日々の雑記

電撃hpVol.50

十月十日、電撃hpVol.50が発売となりました。

短期集中連載として48号から掲載して頂きました『ストップ☆まりかちゃん!』ですが、
今回掲載して頂きました第三話『キスミーDNA』をもちまして一段落です。

思えば長かったような、短かったような。
自作をイラストにして頂いたのを観ただけで鼻血を噴いた第一回、
巻末に初めて感想が載っていて知人に『アレお前? お前?』と聞きまくった第二回(最低だ)、
そして今回。おたよりコーナーにイラストつきお葉書まで届いてて、
ふつーにどっきりしましたよ。

俺の作品の読者は実在したのか……!
ほとんど水曜スペシャルの世界。藤岡弘が探検隊率いて探しに行くレベルかと。

つきましては、本誌の方でも告知が出ておりますが、


2008年1月10日 ストップ☆まりかちゃん! 文庫化決定しました。


(後ろを振り返り)

よし。のろけーすけは居ないようです。
ドッキリカメラの看板がいつ出てくるかいつ出てくるかと思ってますが、
まだ出てきません。48号に載ったときから毎日のように探していますが、
見つかりませんのろけーすけ。俺の人生どうやら現実のようです。

発売まで少々お時間の方開いてしまいますが、
どうぞ宜しくお願い致します。
[PR]



by suganumas | 2007-10-10 21:19 | 日々の雑記

やすみかたをわすれました


バンバンビガロ。

どんなだったか覚えてませんが唐突に今思い出しました。
俺の中では北斗の拳のザコっぽい感じのイメージなのですが、
結局どんなだったんだろうバンバンビガロ。

ググッて夢が壊れるのもなんなのでそっとしておきますバンバンビガロ。
鋼鉄ジーグとモビルアーマーを足して二で割ったような屈強ロボだったらどうしよう。

そんなどうでもいい妄想を抱く程度に今日はヒマです。

ヒマといってもずっとヒマなわけもなく、
たぶんこれから間違いなく忙しくなると思うのですが……
急ぎの方が一段落して、今日は朝から微妙にやることがないのです。
最近仕事をしないと時間が潰せなくなりました。

もうあなた(仕事)なしじゃいられない身体になってしまったの。

的な妄言を吐いてしまう程度にはやることがありません。
何かゲームでも買おうかと思いもしましたが、カネがないので不許可です。
しょうがないので自分で過去に書いた作品を読み返したりしたんですが、
何と言うか鼻血が出そうになりますね。もちろん悪い意味で。

そういえば世間様ではもうじきコミックマーケット様が始まるそうですが、
今年も菅沼はスルーです。欲しいものはいくらかあるのですが。

(保健所様の新作フラッシュ、某イノウエ様の同人誌などなど)

夏に弱いスーツ星人の菅沼としては灼熱環境に近寄る勇気がありません。
いずれ行ってみたいとは思うのですが。

その際は是非ともガスマスク着用でサイコ・マンティスの物真似をしつつ、

「……ときメモが好きなようだな……」

とかメモリーカードを検索しつつ言ってみたいのですが、
俺の体型で空中に浮かぶとカマキリと言うよりフンコロガシなのでやめたほうが無難です。
というわけで特にオチもなく。

ブラックアウト!













ω・)ノ
[PR]



by suganumas | 2007-08-17 17:01 | 日々の雑記

電撃hpVol.49

八月十日、電撃hpVol.49が発売となりました。
前号に引き続き菅沼は拙作『ストップ☆まりかちゃん』第二話め、
『ミドリガメの恩返し』を掲載して頂いております。

今回はいろいろ豪華です。

何と巻末におまけの四コマ劇場がつきました。
当然イラスト担当の夜野さま画でまったく贅沢極まりない。
これが江戸末期なら暴れん坊将軍が出陣しますよ。
質素倹約の名の下に四コマのオチを削られるに違いない。
もしくは五公五民の年貢によって二コマめから国家財産に。逆らう者は切腹よ。

ちなみに今月八月七日は北海道の七夕(旧暦なので一月遅れ)であり、
ついでに言うと菅沼の誕生日だったりします。

いつもは押し迫る三十路の足音に、

「誕生日……たっ、たっ、たたたたたぁぅあたたたたたたたたたたたたたぁ―っ!?」

と北斗百烈拳を(主に壁に)叩き込むしかないわたくしですが、
今回はちょっと趣向を変えて、記念品代わりに自分にプレゼントをしてみました。
とはいっても、帰りがけにデパートに寄ったら、
ドイツ民芸品展みたいなのをやってまして……そこである品物を気に入って、
記念の名のもとに買ってみただけなのですがな。

a0060746_1774049.jpg


日本語のできない金髪のおばあちゃん曰く、
ジーザスクライストな水差しとのこと。たぶん教会とかで使ってたものかなーと思いつつ、
赤ちゃん用の手編み靴下なんかに紛れて陳列されていたものに、
ついつい手が伸び値段を尋ね、気がついたら五千円札が旅立っていました。

わたくし水が好きです。

この世でいちばんうまい飲み物は水道水だと信じて疑いません。
二番目にうまい飲み物はキリンガラナで三番目はコーヒーです。

ちなみに酒は別枠ですが。美味い日本酒はガチ美味いし。
というわけでこのジーザスクライストな水差しには我がテーブルにて、
今後じんわりと水道水を中に詰め、ぐびぐび呷られていただくことになるでしょう。

使い心地はけっこういいです。
コルクの栓を抜いたときのポコ! って音が心地良いのですねー。


というわけで、電撃hpVol.49、宜しくお願いします。
[PR]



by suganumas | 2007-08-10 17:13 | 日々の雑記

電撃hpVol.48

ハムスターの名前はスタミナ公爵。菅沼です。

本日六月十一日、デビュー作となる『ストップ☆まりかちゃん』が、
電撃hp48号に掲載の運びとなりました。

公式 

AMAZON 

内容は……ライトノベルですよ?ほんとに。
変態は出てきません。あんまり。ごくごくふつうのぬるい生物コメディだと信じたい。

と言うか雑誌の中で浮いてますね。
あたかも超配管工兄弟、海ステージのゲッソーのごとく。
成田良悟先生の読後感だいなし。それで思い出したんですが、
今ニンジャ業界では忍パンダが静かなブームのようです。

元祖はおそらく遅筆で有名な火浦功先生の著作、
『てなもんや忍法帖』だと思います。

ひょんなことから女子高教師になった抜忍(必殺技は忍法美人隠れ)、
赤木が中国から連れ帰ったパンダを学校で飼いつつ、
手裏剣をくわえさせたりして訓練をほどこしてました。
残念ながら作中で奥義を披露する忍パンダの登場はありませんでしたが、
後に続く忍パンダの系譜の華麗なる始まるといえなくもない。

その後忍パンダの系譜は十年単位の雌伏をし、
阿智太郎先生がMF文庫Jから出している『今日からマモル』にて、
笹手裏剣を得意とする忍パンダ、ニンニンとジャンジャンが登場。

それからさらに成田先生の短編連作『世界の中心、針山さん』にて、
竹槍を肉球で受け止める忍パンダ忍忍が現れ、
脈々たる忍びパンダの血統は後世へと語り継がれるわけですが、
もののみごとに全然関係ありませんね。ごめんなさい。

ともあれ掲載作『ストップ☆まりかちゃん! ぼくの彼女はウニの味』ですが、
なんと挿絵は『死神とチョコレート・パフェ』『コイイヌ』などの挿絵で知られる、
イラストレーターの夜野みるら様となっております。

ぶっちゃけかわいいですよ?
どのくらいかわいいかと言われたら、ディグダグで膨らむ敵キャラより可愛いです。

え?わからない?
じゃあコナミワイワイワールドにおけるコナミレディくらいに可愛いです。(いいから黙れ


ともあれ、夜野みるら様のサイト、

Piece Of Love*

はこちらになります。

かあいらしいイラスト満載の素敵サイトで、何といっても個人的には、
ドット絵で表示される二頭身キャラの数々が大変好み。ドットバンザイ。

今は八月号の掲載へ向けて、第二話の作業にいそしんでいます。
やっぱり文章の手際が悪すぎる。いろいろなところで無駄が多いし、
ミスやら何やらで担当様に迷惑をかけまくってますが、
宜しければ一度ご覧下さい。

どうぞ、今後とも宜しくお願いいたします。


菅沼 誠也
[PR]



by suganumas | 2007-06-11 11:30 | 日々の雑記

真夏日とプチ花見。

最近バイトがやたら早く終わります。菅沼です。

生活のために某工場で炭水化物をかきまぜる仕事をしているのですが、
ここのところ仕事が少なくてあっさり終わります。

今日も昼過ぎ、早い時間にバイトが終わってしまい、
弁当を片手に職場を出たのですが。

今日は、ほんのちょっとだけ、いつもと違う道がありました。

路上駐車の車列が崩れ、ちいさな入り口が開いています。
河川敷の隙間にかかった橋。いつもは車に遮られて見えないのですが、
今日に限っては車がおらず、それで気がついたというわけで。

何となく気が向いたので、ふらりとそちらへ。


たんぽぽの咲く緑の芝。
間を縫うように走る、割れかけたアスファルトの小道。
ひびの中にたくましく穿った蟻の巣と、行き交う蟲たち。
褪せたベンチと、雑草の生えた花壇。
色とりどりのチューリップ、ラベンダー、水仙にパンジー。

ちいさな花がたくさん咲いて、初夏の風に揺れている。

花々の中でも、特に目を楽しませてくれたのは、
小道の脇にひっそりと生えていた、一本の桜でした。

背丈はわたしの二倍ほど。
広がった枝いっぱいに花を咲かせ、空の青を背景に、
薄桃色の命を輝かせている。


――あ、この為に来たんだな。


ほとんど直観のように、そう思って。
迷わず荷物を降ろし、幹に背中を預けて、水筒を取り出す。

中に詰まったお茶をフタに注ぎ、空を見上げて。
真っ青な空に映えた、桜を眺めて。

ちいさな花見をした。

温かい風が吹き、強めの陽射しが顔にひりつく。
近くの巣から現れたのか、黒蟻が時折ズボンを登ってゆく。
それらを眺めながら、茶を一杯。

湯気を立て、掌を温める椀を、くいっと一杯。

ふと、同じ年頃の男で、こんな年寄りみたいな真似をしてる奴はおらんな、と思う。

我ながら暇人もいいところだ。
皆忙しく働いている昼下がりに、こんなことを。

空に高く輝く陽。
傾くときまで、そこにいるわけにはいかないけれど。

でも、何だか、とても心地良くて。

桜に向かって、呟いた。


大丈夫だよ。
少し疲れてしまったけれども。

ちゃんと、立って歩くから。


でも、今だけは。

この一杯を干すまでは、ここにいられますように。

陽だまりの中で、茶を一杯。
飲み干しながら、ほんのわずかな花見。

一人で飲んだ茶が、旨かった。


a0060746_204303.jpg

[PR]



by suganumas | 2007-05-22 20:04 | 日々の雑記

散弾流星脚返し!

好きな拳法家は流星拳砲岩。菅沼です。

説明しよう。

流星拳とは散弾流星脚である。

他に技がないんだからそうとしか言いようがない。

おうし座のアルデバランが「タウラス最大の拳!」とか言いつつ、
グレートホーン以外の技を一切出さないのと理屈は同じ。
一個なら消去法で最大。ジャロですが嘘はありません。

そして散弾流星脚とは、背中に背負ったカメ(水などを溜める陶器の大きな壷のこと)を、
高らかに空へ投げ上げ、ジャンプしてそれを蹴り割る。

すると砕けた破片は正しく流星の如く敵へと降り注ぎ、敵を狙うのである。
その破壊力は何と超人拳法をもしのぎ、美来斗利偉・拉麺男すら一度は敗北させるのである。

まあでもド素人の子供が一週間修行しただけで、
あっさり破片を跳ね返して破れちゃったりするんですがそれはそれとして。


原稿が一段落したので次の原稿にかかっています。
別に発注があったわけでもないんですが、最近泳いでないと苦しいサメのごとく、
原稿書いてないとなんか気持ち悪いという奇妙な状態に。

ジャンキーですかわたくし。

とか思いながらも取り掛かるのは微妙に遅く、
チキンカレーなど三時間かけて煮込みつつようやくPCの前に座るわたくし。

さ、がんばろう。
[PR]



by suganumas | 2007-05-12 18:23 | 日々の雑記

銀蝿座って書いてムスカと読むラピュタ人な母の日

銀蝿座っていいですよね。菅沼です。

修行を積み重ねて原子を砕けるまでになり、
拳の速度はマッハを超えて、ようやく手にした聖なる鎧が銀蝿って何かの嫌がらせか。
そりゃグレるわ。悪人面にもなるでしょう。銀蝿だもんなあ。
白鳥座ならキグナスダンスも踊れますが銀蝿座が踊っても普通に羽音うるさそう。

がんばれ白銀聖闘士。
会社で言うなら課長的なポジション。

ぼんくら上司と上昇志向の強い部下に挟まれて苦労してます。

などとバイトしながらつらつら思った妄想を垂れ流しつつ、
考えてみると日曜日は母の日ですな。

日頃ご迷惑をかけまくっている菅沼さんとしましては、母に贈り物をしましょう。
感謝の気持ちをねっとりと込めてほのぼのライクなアイテムをプレゼンターラヴ江。
どうでもいいんですが頭使わないでものを書くって楽でいいですよね。ラヴ江。

何だかんだで毎年父の日と母の日には何か贈っているわけですが、
鶏より頭の悪いわたくし、贈ったはいいがたいてい何を贈ったか毎年忘れます。

えーと……去年は何だっけ……ひしゃく?(船幽霊)

そんな頭の悪い回想とは何の関係もなく、
今年のプレゼントは桜色の陶器製ティーカップにしましたよ。
親父の分と揃えてニ脚。コーヒー飲むのに良さそうです。

喜んでくれるといいな。
マザーコンプレックスに縁はありませんが人妻は嫌いじゃありません。
[PR]



by suganumas | 2007-05-10 10:10 | 日々の雑記

菅沼謹製総合小説ブログ
by suganumas
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

ブログパーツ